無排土工法 ディスクレパイル
ディスクレパイル [カタログ]   large product photo

周辺環境にやさしい無排土工法

ディスクレパイル(無排土工法)とは、トレヴィ・グループが開発した独自の形をしたツールス(中空ロッド)にて、掘削土を孔壁に押し付けながら回転 掘削し、設計深度に達すれば、そのツールスの中空部分からコンクリートを打ち込んで、杭を造成する工法です。

掘削土を孔壁に押し付けるので排土がなく、更に、孔壁周辺の地盤の強度を改良することができます。

ディスクレパイル(無排土工法)の主な特徴:

  1. 排土が無いので、産廃費用が掛からない。 また、孔壁崩壊の心配も無いので、ベントナイト等の安定液が不要あり、施工現場が汚れない。
  2. 振動、騒音が小さい為、隣接構造物の近接施工や、都市中心部や市街地での施工に適する。
  3. 掘削孔周辺の地盤のゆるみが無く、隣接構造物等への安全性が高い。
  4. 施工が早く、経済的である。

[お問い合わせ]